【高血圧とは?】高血圧の診断基準から症状、予防法まで

日常生活で、頭痛に悩まされることもあると思います。特に、現代社会では、ストレスや睡眠不足などによって、頭痛が起こることも多くあります。

 

また、食生活が欧米寄りに変化してきたために、高血圧に悩む方も多くなっているそうです。高血圧と頭痛は、一見関係なさそうですが、高血圧が原因で頭痛を引き起こす場合があります。

 

高血圧が原因で頭痛を生じる場合は、重大な症状に発展してしまう可能性もありますので、注意が必要です。今回は、高血圧と頭痛の関係性について説明していきたいと思います。

 

高血圧とは?

高血圧という言葉を知らない方は、少ないと思います。しかし、「血圧って何?」と問われると、答えられない方もいるのではないでしょうか。血圧とは、血液が血管壁に与える圧力のことです。

 

つまり、高血圧とは、血液が血管壁に与える圧力が高いこと言っています。通常、人間の体内では、心臓がポンプの役割をして、血管を通して体内に血液を送り続けています。

 

心臓は、血液を送り出すポンプですので、心臓が収縮して、血液を一気に送り出す状態と、心臓が拡張して、血液の流れが緩やかになる状態を繰り返しています。血圧計の上は、心臓が血液を送り出す状態を計測した値で、血圧計の下は、血液の流れが緩やかになっている状態を計測した値になります。

 

一般的に、医療機関で血圧計を用いて測定した場合は、上が140mmHg以上、下が90mmHg以上だと高血圧と診断される場合が多くなります。また、自宅などで測定した場合は、上が135mmHg以上で、下が85mmHg以上だと高血圧と言われています。

 

高血圧の症状は?

高血圧の症状は、基本的に自覚できるモノがほとんど無いと言われています。しかし、血管内では、高血圧によって様々な影響が出ている可能性があります。

 

高血圧は、血液が血管壁に与える圧力ですので、血管に負担が掛かってしまいます。血管に負担が掛かると、血管が硬くなってしまい、血管自体がもろくなることや、動脈硬化を促進してしまう危険性があります。動脈硬化が進んでしまうと、脳卒中や心疾患などの生命にかかわる病気に発展してしまう可能性があります。

 

高血圧になると頭痛が出るってホント?高血圧と頭痛の関係性!

高血圧の方の中には、頭痛を伴う方もいるそうです。頭痛と言っても、一般的な頭痛と高血圧による頭痛では、メカニズムが異なります。

 

一般的に、頭痛は何らかの要因(ストレスなど)によって、脳の血管が拡張してしまい、神経を圧迫することで起こると言われています。しかし、高血圧では、血管は拡張しません。

 

また、脳には、血液を正常にコントロールする機能が備わっているので、高血圧による頭痛は、一般的な頭痛とは、違う要因が考えられます。高血圧による頭痛としては、脳内で動脈硬化などの症状が出ている可能性が考えられます。

 

高血圧と頭痛が重なったときは頭痛の性質に注目!

高血圧と頭痛が重なったからと言って、必ずしも動脈硬化などの症状だと言うわけではありません。高血圧によって頭痛が起こる場合もありますが、頭痛と高血圧の原因が同じ場合もあります。

 

例えば、ストレスが原因で頭痛が起こり、高血圧になってしまうこともあります。この場合は、頭痛と高血圧の共通の原因がストレスになるので、高血圧が原因の頭痛とは異なります。

 

高血圧は、自覚症状がほとんどありませんので、定期的に血圧を計測することで、頭痛の原因を判断できる可能性があります。つまり、定期的に血圧を測って、慢性的な高血圧の状態で生じる頭痛は、高血圧が原因となる頭痛の可能性が高くなります。

 

逆に、今まで高血圧ではなかったのに、頭痛が生じて、高血圧になった場合は、頭痛と高血圧の原因が同じ可能性が考えられます。

 

基本的には、素人では判断が難しいと思います。気になる方は、医療機関でしっかりと診断してもらうことをおススメします。

 

急な頭痛は危険信号!高血圧による最悪な頭痛とは?

基本的に、高血圧による頭痛は、通常の頭痛と違いますので、脳内の血管に何らかの症状が出ている可能性を考えなくてはいけません。慢性的な高血圧の方が頭痛を生じた場合は、脳内で何かが起こっているサインかもしれませんので、注意が必要になります。

 

特に注意が必要な場合は「今まで感じたことがないような頭痛が急に起こった場合」です。この場合は、くも膜下出血の可能性が考えられますので、すぐに病院で診察してもらうことをおススメします。

 

まとめ

高血圧と高血圧による頭痛についてまとめてきました。高血圧は、血管に負担をかけてしまいますので、早めの改善が大切になると思います。

 

特に、慢性的な高血圧の方は、命に関係する病気になってしまう可能性もありますので、改善することをおススメします。少しでも気になる場合は、医療機関で一度診察してもらうのも良いと思います。

 

⇒高血圧サプリメントのランキングをチェック!