【危険な状態になる前に!!】高血圧の原因と対策を知っておこう!!

危険な状態になる前に、高血圧の原因と対策をしっかりと理解しておく必要があります。高血圧になると、症状として動脈硬化を引き起こします。しかし、動脈硬化という症状は目に見えないので、気づいたときには、心臓病や脳卒中、脳梗塞などの病気を引き起こし、取り返しのつかない状態になっているというケースが多くなります。

 

高血圧の原因は何なのか?そして、どんな対策を行えば、血圧を下げることができるのでしょうか?

 

 

高血圧の原因は大きく2つある!あなたはどっち?

高血圧の原因には、大きく分けて「本態性高血圧」と「二次性高血圧」があります。本態性高血圧は、生活習慣などに関係して引き起こされる高血圧です。「二次性高血圧」は、肝臓や腎臓などの病気が原因で起こる高血圧です。

 

本態性高血圧

高血圧の約90%が、本態性高血圧だと言われています。本態性高血圧の原因は、明確には分からないとされています。その理由は、食事、運動、睡眠、ストレス、飲酒習慣、喫煙習慣などの生活にかかわるすべてが要因である可能性があるからです。

 

なので、高血圧の原因が「本態性高血圧」である場合、対策は生活習慣の改善になります。生活習慣の改善をしっかりと行えば、血圧を下げることができるので、どんな生活習慣の改善を行えばいいのか?、は後述する「対策法」を読んで実践しましょう!

 

(※生活習慣が原因だと聞くと、面倒だと感じたり、甘く見たりと、取り組まない方がいるので注意!)

 

二次性高血圧

高血圧の約10%が「二次性高血圧」だと言われています。二次性高血圧の原因は、肝臓や腎臓などの病気が原因で行ることが多いです。例えば、ホルモン異常により、腎臓で塩分の調節がうまくいかなくなる病気があります。このホルモン異常の疾患になると、塩分を過剰摂取しているわけでもないのに、高血圧になってしまいます。

 

この二次性高血圧が高血圧の原因である場合の「対策法」は後述しています。

 

本態性高血圧が原因か?二次性高血圧が原因か?見分け方

ここで本態性高血圧か、二次性高血圧かを見分ける簡単な方法を紹介しておきましょう。

 

ポイントは、以下の4つの症状に当てはまるかどうかです。

  1. 最近、血圧が急に高くなった。
  2. 30代~40代なのに下の血圧が100を超えている。
  3. 最近、夜トレイに行く回数が増えた。
  4. 薬を3種類以上飲んでいても血圧が下がらない。

上記4つの症状に当てはまる数が多くなるほど、ホルモン異常などによる肝臓や腎臓の疾患があると考えられます。一方、上記4つの症状に1つも当てはまらないのに血圧が高い人は、本態性高血圧である可能性が高くなります。

 

高血圧の原因が、「本態性高血圧」である場合の対策

高血圧の原因が「本態性高血圧」である場合の対策は、生活習慣を改善することです。最高血圧(上の血圧)が1mmHg下げるだけで、脳卒中の死亡率が3.2%も下がるという報告もあります。生活習慣の改善をしっかりと行うだけで十分にあらゆる疾患を予防できます。なので、できることからで構わないので、1つずつ意識して取り組んでいきましょう!

 

対策①:高血圧の原因「塩分」を減らせ!

世界的に見ても、日本は高血圧の人が多い国です。その主な理由は、塩分の摂り過ぎだと言われています。日本食は塩分が多いので、私たち日本人は特に塩分に注意する必要があります。また人によっても、塩分摂取によって血圧が上昇しやすい体質の人もいれば、上昇しにくい体質の人もいます。なので、自分は上昇しやすい体質だと感じる方は、さらに注意が必要です。

 

毎日あいつと同じような食事をしているのに、自分だけ高血圧になって病気になっちゃたということが起こり得るということです。

 

日本高血圧学会が提唱している塩分の摂取量の目標は、1日6g未満です。アメリカでは1日3.8g未満、ヨーロッパでは1日5~6g未満の制限が推奨されています。海外と比べると、1日6g未満は多いです。しかし、多くても6g未満に抑えるようにしましょう。なぜなら、私たち日本人の塩分摂取量は1日平均10gだと言われているからです。

 

減塩の方法は、加工食品を食べる機会を減らす、外食を控える、醤油や塩などの調味料を工夫するなどが挙げられます。具体的な対策は非常にカンタンなことです。しっかり取り組みましょう!

 

詳しくは、「高血圧を下げるための食事と食べ物」を参照して下さい。

 

対策②:高血圧の原因「肥満」、1kgの減量で1mmHg血圧を下げろ!

体重を約1kg減らすと、血圧が約1mmHg下がることが分かっています。なので、肥満な人にとって、減量は非常に効果のある高血圧対策になります。

 

減量(ダイエット)のコツは、「少しずつ」と「諦めない」です。焦らずに1つ1つ減量するための行動を変えていくことです。

 

例えば、

  • エスカレーターではなく、階段を使う。
  • 小腹が空いたら、すぐに食べるのではなく30分我慢する。どんどん我慢時間を増やしていく。
  • カロリーの高い料理一品を失くす。

など、「少しずつ」の工夫はいくらでも考えられるでしょう。

 

肥満はあらゆる病気を引き起こすリスクが高くなるので、諦めずに対策しましょう!

 

対策③:高血圧の原因「睡眠不足」をなくせ!

睡眠不足は、高血圧の原因になります。睡眠不足になると、常に交感神経が優位になった状態(神経が興奮した状態)になります。その結果、心拍数が上昇する上に、血管が収縮し、血圧が上がります。なので、睡眠を十分にとり、神経のバランスを整えるようにしましょう。

 

また睡眠というのは人間にとって必要不可欠な行為なので、健康全般に効果を発揮します。高血圧対策だけでなく、ストレス対策にもなるので、しっかりと睡眠をとりましょう!

 

対策④:高血圧の原因「喫煙」の決意をせよ!

タバコの高血圧の大きな原因です。何も対策を行わないと、40代、50代、60代はどんどん血管が老化していきます。そのようなカラダの変化があるにも関わらず、喫煙をしていると、さらに高血圧を促進します。たばこを1本吸うだけで約20mmHgも血圧が上昇します。2本吸えば、約40mmHgも上げります。

 

またタバコには、動脈硬化を促進させる作用もあるので、さらに脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めてしまいます。なので、高血圧対策では「禁煙」が欠かせません。このせっかくの機会に、思い切って禁煙を決意して下さい!

 

対策⑤:高血圧の原因「運動不足」を解消せよ!

運動不足も高血圧の原因になります。特に、40代、50代、60代の人は運動習慣がないことが多いので、運動不足が原因で高血圧になっている場合も考えられます。運動を行うと抹消血管が広がり、血液循環が良くなります。抹消血管が広がっているので、血液がスムーズに流れるようになり血圧が下がっていきます。また運動には、交感神経の活動を抑制し血圧を下げたり、塩分排出を促して血圧を下げるといった効果も期待できます。

 

ストレッチなどは自宅で簡単に行えるので最低限行いましょう。理想は、有酸素運動を行うことです。有酸素運動は、血圧を下げるだけでなく、心肺機能の向上に繋がるので、健康を維持できます。ただし、血圧が160mmHg/100mmHgの人は運動を始める前に医師と相談するようにしましょう。

 

対策⑥:高血圧の原因「過度なアルコール摂取」を控えろ!

アルコールの過度な摂取も高血圧の原因になります。夜にアルコールを大量に摂取すると、翌朝の起床前後の交感神経の働きが活発になり、高血圧になることが分かっています。お酒の飲酒目安は、ビールなら1日中瓶1本、日本酒なら1合までです。女性の場合は、その半分です。

 

対策⑦:高血圧の原因「ストレス」を減らせ!

ストレスは高血圧の大きな原因です。特に、40代、50代、60代は、男性なら仕事の責任が大きくなりストレスが溜まっていたり、女性なら子育てにストレスを抱えていることが多いでしょう。ストレスを抱えると、交感神経が活発になり、心拍数の上昇と血管収縮により、血圧が上がってしまいます。

 

なので、ストレスという高血圧の原因を対策することで、血圧を下げることができます。ストレスの対策法は、カラオケ、有酸素運動、スポーツなども効果があります。また最近では、瞑想(マインドフルネス)などが注目されています。瞑想を行うと、リラックス状態を作り出すことができるので、血圧が下げることはもちろん、脳機能向上や幸福感の向上など、人生の質を高めることができます。

 

瞑想というと、やり方にこだわって、逆に瞑想ができない人が多いです。瞑想を始める際のポイントは、次の4つです。まずは4つの項目のみに意識して、瞑想を行ってみましょう!

  1. 静かな場所で行う。(※リラックス効果のある音楽をイヤフォンで聞いても良い。)
  2. 目をつぶる。
  3. 深呼吸を行う。
  4. 深呼吸を行っている際は、酸素を吸うときは「自分は酸素を吸っている」と意識し、息を吐いているときには「自分は息を吐いている」と意識する。

瞑想は、だいたい5分から15分で良いでしょう。慣れてくると、30分、1時間と、時間を増やしても問題ありません。

 

対策⑧:食事の方法と食べ物について学ぶべし!

食事の方法を変え、食べ物を変えるだけで、高血圧対策になります。高血圧の原因になる食べ方を毎日していると、やはり血圧がなかなか下がらないということも起こり得ます。例えば、コーヒー、水、お茶などの飲料を変えるだけで、高血圧対策になります。

 

また、サプリメントなどのグッズを活用すると、血圧の原因に対して働きかける成分を効率よく摂取できます。詳しくは、「⇒高血圧を下げる食事と食べ物を紹介!」で解説しています。参考にして下さい。

 

高血圧の原因が、「二次性高血圧」である場合の対策

二次性高血圧の場合は、ホルモン異常などの疾患が関係しているので、病院に行って専門の医師に診てもらう必要があります。

 

対策:すぐに病院に行くしかない!

自分が二次性高血圧だと感じられたら、すぐに病院に行きましょう。まずは「内科」で診察を受けるといいでしょう。その病院の先生の判断にもよりますが、内科に行くと、血液検査で血中のホルモン異常がないかを調べます。もしホルモン異常があれば、ホルモンの専門医を紹介してもらえるという流れで治療していくことになります。

 

※上記の治療の流れは、あくまで一例です。病院の先生の判断、その病院の設備などによって治療は異なることもあります。

 

まとめ

高血圧の原因は、ほとんどが本態性高血圧です。なので、生活習慣に関係する原因を1つ1つ取り除いていけば、血圧を下げることができます。自宅で高血圧対策をしっかりと行いたい人は、サプリメントなどを活用すれば、血液サラサラ成分を効率よく摂取することできます。サプリなどを用いたカラダの内側からの対策は、歳を取れば取るほど必要になってきます。

 

⇒高血圧サプリメントのランキングをチェック!