【大変なことになる前に!!】高血圧薬の恐怖の副作用とは?!

高血圧薬の基本は、生活習慣の改善です。しかし、生活習慣の改善では血圧を下げられない場合、高血圧薬を服用することもあるでしょう。その際、高血圧薬の副作用について十分に理解しておく必要があります。

 

なぜなら、高血圧薬は恐怖を感じるほどの副作用が発症してしまう可能性があるからです。

 

 

 

どうしても高血圧薬を飲むなら副作用に注意が必要!

高血圧の治療は、基本的には生活習慣の改善になります。しかし、生活習慣の改善だけでは高血圧を下げることができない場合もあります。そのような場合は、高血圧薬を服用することになります。そして、高血圧薬を飲むなら、副作用について十分な理解をしておく必要があるのです。

 

高血圧薬の種類と効果・副作用

まずは、高血圧薬にはどのような種類があるのか?そして、各高血圧薬にはどのような効果があって、どのような副作用があるのか?しっかりと理解しておきましょう。高血圧薬には大きく2種類あります。「血管を広げる高血圧薬」と「血流量や心拍出量減らす高血圧薬」です。

 

血管を広げる高血圧薬

血管を広げる薬は、抹消血管の血管を広げたり、血管収縮に関係するホルモンや神経の働きを抑制することで、血液循環を改善し、血圧を下げます。

 

血管を広げる高血圧薬の種類と副作用

薬の種類

 

働き

 

副作用

 

カルシウム拮抗薬 カルシウムが血管平滑筋細胞に結合するのを予防し、血管収縮を抑制する。 むくみ、顔のほてり、動悸、頭痛など。
ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬) 血管収縮を促し、血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡの作用を抑制し、血管を拡張させる。 高カリウム血症など。副作用は少ない。
ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬 アンジオテンシンⅡを生成する酵素(ACE)の働きを阻害し、抹消血管を拡張させる。 空せき、高カリウム血症など。

※恐怖の副作用症状の解説は以下に掲載。

 

 

血流量や心拍出量減らす高血圧薬

血流量を減らす薬は、尿の量を増やすことで、余分な水分や塩分を排出し、血液の量を減らすことで心臓にかかる負担を軽減し、血圧を下げます。

 

血流量や心拍出量減らす高血圧薬の種類と副作用

高血圧薬の種類

働き

副作用

利尿薬 体内の余分な水分や塩分の排泄を促し、血液量を減らす。 高尿酸血症、低カリウム血症、低ナトリウム血症、糖・脂質異常、尿量増加、脱水症状など。

※恐怖の副作用症状の解説は以下に掲載。

 

 

恐怖の副作用症状を解説!

高血圧薬の副作用で気をつけたいのが、高カリウム血症や低カリウム血症です。高カリウム血症は、悪心、嘔吐、しびれ感、知覚過敏、脱力感、不整脈が主な症状です。低カリウム血症は、脱力感、筋力低下、悪心、嘔吐、便秘、四肢麻痺、呼吸筋麻痺、不整脈、腸閉塞が主な症状です。その他に、血管浮腫や脱水症状などを引き起こす高血圧薬もあります。

 

高血圧薬を服用する際は、上記のような副作用が起こる可能性があることも理解しておく必要があります。実際は、医師の判断でしっかりと適切な処方を行っていただけると思いますので、過度に恐れる必要はありません。

 

もしも高血圧薬を飲んで副作用が出てしまったら…

高血圧薬を飲んで副作用が出てしまった場合、基本的には、すぐに医師に診てもらうようにしましょう。大変なことになってからでは遅いです。

 

高血圧薬を手に入れるには?

高血圧薬を手に入れるには、病院で医師から処方してもらう必要があります。ただ、全員が希望の高血圧薬を処方してもらえるわけではありません。高血圧の治療のガイドラインとして、高血圧症状の度合いに応じて治療法が異なるからです。しかし、高血圧を下げるためには、まずは病院に行く必要がありますので、さっそく診てもらいましょう。

 

高血圧薬の副作用が怖い人の、高血圧を下げる方法

高血圧薬の副作用が怖い人は、生活習慣の改善を徹底的に行えば、高血圧が下がる可能性が高くなります。実際、高血圧薬を飲んでいても生活習慣を改善しない人は、血圧が思うように下がらないと言われています。なので、副作用が怖い人は生活習慣を改善しましょう。

 

高血圧薬を飲まない分、他の方法でしっかりと対策をしたいという人には、サプリがおすすめです。高血圧に良い成分を豊富に吸収できるからです。

 

 

⇒高血圧に良いサプリメントのランキングをチェック!