高血圧を下げる薬の種類と、効果と副作用

高血圧を下げる薬にはどのようなものがあるのでしょうか?高血圧を下げる薬の種類を紹介し、その薬の効果と副作用についても紹介します。

 

薬に対して抵抗がある方もおられますが、薬を飲んだ方が脳卒中や心臓病などの死亡リスクを下げることが分かっています。高血圧を下げる薬は、重篤な副作用はありません。なので、この記事で事前知識を持った上で、病院の先生に相談してみると良いでしょう。

 

 

高血圧を下げる薬は大きく2種類ある!

高血圧を下げる薬には、大きく2種類あります。「血管を拡張させるタイプの薬」と「血流量を減らすタイプの薬」です。この2種類の薬の違いを理解することが大切です。

 

血管を拡張させるタイプの薬

高血圧を下げる薬の中でも、血管を拡張させるタイプの薬は、血管を拡張させることで高血圧を防ぎます。具体的な薬には、「カルシウム拮抗薬」、「ACE阻害薬」、「アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)」、「α遮断薬」といった薬があります。

 

それぞれ次のような副作用があります。

 

効果

副作用

カルシウム拮抗薬

 

 

血管を拡張させることで高血圧を防ぐ。

 

顔の赤み、むくみ、動悸

ACE阻害薬

せき

アンジオテンシン受容体拮抗薬

副作用は少ない

α遮断薬

たちくらみ、めない、どうき

 

ただし、ACE阻害薬とアンジオテンシン受容体拮抗薬は妊娠中は服用することができません。

 

 

血流量を減らすタイプの薬

高血圧を下げる薬の中でも、血流量を減らすタイプの薬は、血流量を減らすことで高血圧を防ぎます。具体的な薬には、「β遮断薬」、「利尿薬」といった薬があります。

 

それぞれ次のような副作用があります。

 

効果

副作用

β遮断薬

 

 

血管を拡張させることで高血圧を防ぐ。

 

徐脈、房室ブロック、喘息発作の誘発

利尿薬

低カリウム血症、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症

 

ただし、利尿薬は痛風の方が服用することができません。

 

高血圧を下げる薬を使った治療を行うには?

高血圧を下げる薬を使った治療を行う際は、必ず医師に相談してから始めることが大切です。また高血圧を下げる薬には、副作用もあるので、必ず医師の指示通りにして下さい。

 

多くの方がしてしまいがちな行為として、「自己判断で薬の服用を中止したり、再開したりする」「医師との相談や申告もなく、、他の薬と併用して飲む」といった行為が見受けられる。

 

これらの行為は重篤な副作用に繋がる恐れもありますので、必ず行わないようにする必要があります。

 

高血圧を下げる薬以外の対処は?

いきなり高血圧を下げる薬を服用する治療法に抵抗がある方もいると思います。そのような方は、食事での栄養管理によって高血圧を下げる栄養を摂取するように心掛けましょう。

 

やはり薬を使わないで健康を維持できるのが一番です。早いうちから健康維持のための栄養管理を行いましょう。その際、「高血圧を下げる食事の仕方と食べ物ベスト10」という記事が参考になります。

 

⇒高血圧サプリメントのランキングをチェック!