高血圧とめまいの関係とは?めまいが出た時の対処法とは?

 

高血圧ははじめのうちは血圧が高いだけで症状を伴わないことがほとんどです。ですが、高血圧を放置すると頭痛やめまいに立ちくらみ、胸がどきどきする、息切れがするといった症状を伴うようになってきます。

 

今回は高血圧でめまいが出現したときの対処方法について説明します。

 

 

高血圧=めまいではない

実は、血圧が高いからといってめまいが起きるわけではありません

 

めまいがするときに血圧を測定すると高いときもありますが、血圧が高いからめまいが起きているのではなく、体の中でなにか異常が起きて、その反応として血圧を上げている、異常が起きて体がそれに対処しようとした結果めまいを起こしているんですね。

 

その代表的なものとして考えられるのは脳梗塞です。

 

脳梗塞が起きると脳の血液供給量が不足します。梗塞をおこしていると要は脳に供給する血液の通りみちである血管に渋滞が起きてしまっているので血圧をあげて血液を供給しようと頑張ってるんですね。

 

めまいが起きたときの対処法

めまいが起きたらおそらくまっすぐ歩くのも困難だと思います。意識を失ってしまうかもしれません。突然、そのような状況になったら誰でも不安だと思いますが、まずはその場にしゃがみこんで転倒することを避けてください。

 

そして、次に近くに人がいれば助けてもらいましょう。可能ならば横になるなどして対処してください。周りの目もあるかもしれませんが、救急車を呼ぶことも忘れてはいけません。

 

一口にめまいといっても必ずしも脳の血管に異常があるわけではありません。

 

精神的なストレスが強くてもめまいを引き起こしますし、血糖が低くなることでも、不整脈の種類によってもめまい症状を呈することがあります

 

耳鼻科的な病気でもめまいを起こすことがあるので、極端に脳の病気を心配する必要はありませんが検査をしてみなとめまいの原因はなにか明らかにできませんので「大丈夫。」と自分自身で判断するのではなく、検査を受けて問題なしと確認してもらいましょう。

 

めまいが出る前に気を付けたいこと

ある日突然めまいがしたら誰でも不安になるのは当然です。ですが、本当に突然だったのかきっかけは普段から自覚していなかったのか自分自身の体をメンテナンスしておく必要があります

 

健康診断はその最たるもので血圧を測定して極端に高くなくても高いと指摘を受けていないか、受けたとしたら軽視せずに生活の改善に努めたかは大切なポイントです。

 

脳梗塞などの病気が原因で引き起こされるめまいでならば放置すると障害される脳の範囲が拡大し、言葉がうまく喋れなくなってしまったり、麻痺という手足の動かしにくさを感じてしまう後遺症もあります。

 

あのときこうしていれば…と後悔しないためにも常日頃から血圧をはじめ健康に注意した生活習慣を心がけるようにしたいですね。

 

最期に、高血圧で内服治療をされている人のなかには降圧剤と呼ばれる血圧を下げる薬の影響で血圧が下がり過ぎてしまってめまいを感じる人もいらっしゃいます。

 

その場合は血圧がどの程度下がるか把握しておくことが大切ですし、めまいが起きるからと自己判断で薬を中止したりせず、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

 

まとめ

高血圧は、知らないうちに自分の健康を害していきます。そのため、日頃から、高血圧の対策をしておく必要があります。当サイトでは、高血圧に良いサプリを紹介しています。なので、高血圧が心配な方は、参考にして下さい。

 

⇒高血圧サプリメントのランキングをチェック!