高血圧に良いお茶の種類は?効くお茶と効果について解説!

時々、高血圧を防止するためには、血圧を下げるためにはお茶を飲んだほうがいいというのを聞いたことがありませんか?ただのお茶に本当にそのような効果があるのか疑いたくなる気持ちもわかります。

 

特定保健機能食品(通称トクホ)でテレビコマーシャルで目にしたり、耳にしたりしたことありませんか?お茶がなぜ高血圧を解消してくれるのか説明していきます。

 

 

高血圧にお茶がいいのは本当なのか

はじめに断っておきますが、世の中にはたくさんの種類のお茶が存在します。緑茶、玄米茶、黒豆茶、ほうじ茶、タンポポ茶、ドクダミ茶、プーアール茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、そば茶、トウモロコシ茶…。

 

私が知らないお茶もきっとあると思うんですね。ここに載せなかったからといって、そのお茶の効果を否定するわけではないことをご了承ください。

 

それをふまえたうえで説明するのであれば、お茶を飲むことによって作用する成分が高血圧に良いということです。しかも、昨日、今日の話ではなく習慣的に飲んでいるかいないかが大きいのです。

 

お茶に含まれる成分によっては利尿作用があったり、動脈硬化を予防してくれたりするものが含まれています。血圧を下げるためには動脈硬化を改善させたり、不要な水分を体内に留めないようにしておくことが大切なので理に適っているのだと思います。

 

正直、どのお茶も決定的にこれがいいということは宣伝などと捉えられかねないので省きますがどういった成分が高血圧によいのかは記載しておこうと思います。

 

高血圧を解消するのに良いとされるお茶の成分
  • ルチン…血管を拡げ、血圧上昇を抑制
  • クエルシトリン…血圧降下、脂肪が体に付着するのを抑制する
  • イソクエルシトリン…利尿作用、血圧上昇を抑制
  • カリウム…血圧降下
  • ビタミンC…コレステロールを下げる、血管の弾力性を上げる
  • タンニン…血圧降下、血液循環促進
  • ポリフェノール…コレステロールがたまらないようにする
  • カテキン…血圧上昇を抑制、コレステロールがたまらないようにする

 

といったものがあります。
こういった成分が入っているものを選ぶといいのではないでしょうか。

 

大切なのは続けること、継続こそが力なり

もちろん、テレビコマーシャルで扱われる特定保健食品を活用されるのもいいですが、大事なのは長く続けられることです。高血圧にいいからと買ったお茶が好みの味でなければ続けられないですよね。

 

続けることができる種類のお茶を飲用してください。清涼飲料水などのジュースは糖分が多いので、そういったものを愛飲されるのでしたら、お茶を飲用されることをお勧めします。

 

ただし、お茶などが高血圧解消に一役買ってくれるからと、飲んでいれば大丈夫と過信するのではなく生活習慣を改善することは必要です。

 

利尿作用があるから、コレステロールを下げてくれるからと暴飲暴食、減塩しないというのは違いますからね。あくまで生活習慣を省みて、かつ併せて飲んだりすることで中~長期的にみれば改善が見込めるに過ぎません。

 

まとめ

高血圧はコレステロールとの関係も深いですし、運動しなくてもお茶で痩せれるということは絶対にありません。また、高齢者の方は年齢的にも心臓の機能が低下して水分制限が必要な方もいらっしゃいます。

 

お茶を購入する際は、治療中であればなおさら水分制限は行ったほうがいいのか、気にせず飲んでいいのか確認しておきましょう

 

また高血圧を対策するのに、栄養による対策もおすすめです。当サイトでは、高血圧の人向けのサプリも紹介しています。是非、参考にして下さい。

 

⇒高血圧サプリメントのランキングをチェック!