【高血圧の予防】完全保存まとめ盤

高血圧になってしまうと動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。では、どのように高血圧を予防すればいいのでしょうか?ここでは、高血圧の予防方法をまとめています。

 

 

高血圧の予防①:減塩

高血圧の予防として実践したいのが、減塩です。私たち日本人は、塩分を摂り過ぎていると言われています。おおよそ1日に10gほどの塩分を摂取していると言われています。一方、ヨーロッパやアメリカの人達は、1日に3g~6gの塩分を摂取すると言われています。

 

どうして、日本人だけ塩分の摂取量がこんなにも多いのでしょうか?その原因は、日本食にあります。もともと日本食は塩分が多いと言われています。なので、私たち日本人は特に減塩注意しなければいけないのです。

 

減塩は、工夫次第でいくらでも可能です。例えば、サラダを食べる際に、ドレッシングをかけるのではなく、サラダとドレッシングをあえる。これだけで減塩になります。サラダにドレッシングをかけてしまうと、余分な量をかけてしまいます。しかし、サラダとドレッシングをあえると、野菜全体にドレッシングが付着し、少量のドレッシングで美味しく食べることができるのです。

 

このようにアイデア次第で、減塩を行い、高血圧を予防することができるのです。いくつかの高血圧の原因を知り、「各原因の予防法を知りたい」場合は、別記事を参考にして下さい。

 

高血圧の予防②:運動

次に高血圧の予防として行いたいのが運動です。高血圧の予防法として、運動はかなり効果があるだけでなく、健康全般的に効果があるので是非取り組んで頂きたい予防法です。

 

高血圧の予防として運動を始めるなら何をすればいいのでしょうか?スポーツ、ウォーキング、ジョギング、水泳など、いろいろありますよね。高血圧の予防のために運動するなら、「ウォーキング」がおすすめです。有酸素運動を行うことで、血流を良くし、全身の筋肉をほぐしてくれます。

 

高血圧の予防のためにウォーキングを始めるなら、ポイントとして「息が上がるくらいのペースで歩く」ことを守ってください。ただ単にテクテク歩くのではなく、スタスタ歩くようにして下さい。。理由は、普通のペースで歩くと息が上がらないので有酸素運動にならないからです。なので、息が上がるくらいスタスタ歩いて下さい。

 

ただし、注意があります。それは、早朝にウォーキングを行わないことです。早朝の外気は冷たいので、血管が収縮してしまいます。収縮した血管の状態で、運動を行い血流が良くなると、かえって血管に負担をかけてしまうのです。特に、早朝ジョギングは絶対にやらないようにして下さい。

 

他にも「高血圧の予防を知りたい」方は、別記事を参考にして下さい。高血圧の原因からその対処法まで、高血圧を予防するための知識を豊富に掲載しています。

高血圧の予防③:ダイエット

高血圧の予防にはダイエットも効果的です。肥満の人は、高血圧になりやすいと言われています。なので、ダイエットに取り組むことで、高血圧の予防だけでなく、動脈硬化も予防することができます。

 

肥満の人の血液には、コレステロールや中性脂肪がたくさん存在している傾向にあります。それは、やはり余分な脂やコレステロールを摂取しすぎているからです。血中のコレステロールなどは動脈硬化を進行させ、脳梗塞などを引き起こさせる原因になります。

 

高血圧の人がダイエットに取り組む際のポイントは、食物繊維をメインに食べるダイエット方法がおすすめです。食物繊維には、余分な塩分やコレステロールを吸着して排泄する効果があります。食物繊維は高血圧にも血中コレステロールが高い人にもおすすめなのです。食物繊維を多く含んでいる食品には、緑黄色野菜、階層、きのこ、干しシイタケなどがあります。

 

食物繊維は高血圧に予防に欠かせない食材だと言えます。「食事の仕方や高血圧に良い食べ物」を紹介している記事があるので、より高血圧を予防できるように役立てて下さい。

 

高血圧の予防④:禁煙

禁煙は高血圧を予防するうえでは、禁煙は絶対です。タバコは、血管を収縮させ、血圧を上げる作用があります。血管が収縮した状態で、血圧が上がるのですから、血管に与える負担は大きくなります。

 

血管への負担が動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞などの突然死に繋がります。なので、禁煙は高血圧を予防するなら絶対に行うべき予防法なのです。タバコを止めるだけで、血圧を下げることができるでしょう。

 

高血圧の予防⑤:ストレス

ストレス解消は高血圧を予防する上では欠かせません。ストレスを抱えていると、交感神経が活発化し、血管が収縮して心拍数もあがります。その結果、血管にかなりの負担を与えるのです。ですから、ストレス対策は必須になります。

 

では、どうすればストレスを解消できるのでしょうか?

 

  • カラオケ
  • 有酸素運動(ジョギング、ウォーキング)
  • 水泳
  • スポーツ
  • 山登り
  • 温泉

 

など、ストレスを解消する方法はいくらでもあります。まずは趣味を楽しむように、ストレス解消に取り組んでください。趣味を楽しむことで、人生を充実させながら、高血圧を予防することができます。

 

⇒高血圧になる原因を知り、予防法について詳しく知ろう!

 

高血圧の予防⑥:サプリメント

最後に高血圧を予防するのに非常に役立つサプリメントについてお話しします。他の予防法については、このサイトの別記事で詳しく解説しています。なので、ここではサプリメントについて詳しく解説します。

 

高血圧を予防する上で、サプリメントは非常に役に立ちます。理由は、血圧を下げる効果をもった成分を豊富に摂取することができるからです。やはり食べ物から補うのでは、得られる栄養成分の量に限りがあります。

 

例えば、DHA・EPAという成分には血圧を下げる作用があると言われています。厚生労働省が推奨する1日の摂取量は1000mgです。この1000mgを補おうとすると、マグロ赤身の刺身を9人前食べる必要があると言われています。現実的に考えて、マグロの刺身を毎日9人分は食べられないですよね…。そこで、サプリメントでDHA・EPAを補いましょうということなのです。

 

高血圧の人におすすめの成分は、DHA・EPAです。DHA・EPAには次のような作用があります。

 

  • 血圧を下げる作用
  • 血液をサラサラにする作用

 

上記の効果は、高血圧の人に良いことはもちろんですが、動脈硬化にも良いです。高血圧の人は、動脈硬化が進行している傾向にあります。動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞などの突然死のリスクがどんどん高くなっていきます。なので、DHA・EPAを摂取することで、高血圧も動脈硬化も予防できるのです。

 

 

詳しくは、⇒高血圧サプリメントのランキング

 

を参考に、自分に合ったサプリメントを探し、毎日の健康のために始めてみましょう!